薄毛治療に効果的な育毛剤

男性の多くは、年齢を重ねる内に前頭部や頭頂部の髪の毛が薄くなり、やがて抜け落ちてしまう症状が現れます。


これは男性型脱毛症と呼ばれる症状で、主に男性ホルモンが強く影響します。


薄毛は個人差があり、早い人では20代から薄毛が目立つようになります。



近年では様々な薄毛治療が開発されています。



男性型脱毛症によって薄くなった髪の毛を改善する場合、特におすすめなのがミノキシジル配合の育毛剤です。

ミノキシジルはもともと高血圧の薬として開発されましたが、臨床実験中に多毛症のような副作用が現れたことから、育毛薬として改良され、育毛剤などに配合されるようになりました。

ミノキシジルによる薄毛治療は使い方も簡単で、毎日頭皮に適量を塗布することで薄毛・抜け毛の改善、または発毛が期待できます。

頭皮に直接塗ることでダイレクトに成分を浸透させ、効いてほしい場所だけに集中的に作用させることができます。

ミノキシジルと併用できる薄毛治療薬にプロペシアがあります。
プロペシアは内服薬で、抜け毛の原因となる酵素の働きを抑えることが可能です。

処方薬なので、ドラッグストアや薬局などで販売しておらず、専用クリニックで処方を受ける必要があります。



男性型脱毛症は一度症状が現れてしまうと、少しずつ進行していきます。
自然と症状が治まったり薄毛が回復することはありませんので、早めに対処を薄毛治療を初めて、なるべく症状を進行させないことが大切です。