クリニックの薄毛治療ではどんな手法が用いられる?

男性にとって薄毛はとても深刻な症状です。



頭髪の毛量が変化すると外見も大幅に変形しますし、対人面などで自分に自信が持てなくなったり、引っ込み思案な性格になってしまうケースも少なくないでしょう。

また毎日、自分の姿を鏡で見つめるたびにストレスが募り、ますますの薄毛が進行してしまう事例も多いもの。

これらの症状を改善する上でも、できるだけ早期に適切なクリニックなどで薄毛治療を受けると効果的です。



これらのクリニックではまずはじめに患者の症状を触診や問診などでしっかりと確かめるところから始めます。さらにAGAという病気の発症が疑われる場合には血液検査や遺伝子検査を行った上でその可能性を確かめた上で、もしも発症が明らかになれば飲み薬や塗り薬で薄毛治療を行っていくことになります。

この飲み薬はプロペシアと呼ばれるもので、これを飲むと頭髪の成長を阻害する物質の生成を抑えることが可能となります。また塗り薬はミノキシジルとも呼ばれ、頭皮に塗ると毛細血管を拡張させて、血液量の上昇とともに多くの栄養分を毛髪に供給することが可能となります。こうして細胞分裂が活性化することで健康的な頭髪を取り戻すことができるのです。



また、クリニックにおける薄毛治療では他にも、成長因子や栄養分を混ぜ合わせた薬剤を頭皮に注射して発毛を促したり、あるいは健康的な毛髪を毛包ごと採取して、それらを薄毛部分に植毛することによって失われた頭髪を取り戻すことが可能です。