薄毛治療を開始する前に知っておく事とは

薄毛治療を受けたい場合には、特に知っておかなければならないポイントが2つあります。
1つ目のポイントは、薄毛治療は保険適用外になるため、治療薬やカウンセリングなど治療に関わる全ての費用は自己負担となります。
治療に使用されるミノキシジルやフィナステリドは、ジヒドロテストステロンと言われる抜け毛の原因になる物質を抑制しする効果があります。



これらの薬剤は、使用する事で薄毛を改善する効果がありますが、人によっては長期的に使用する必要があります。

使用を中止する事で再度抜け毛が増える場合もあるため中止時期には注意が必要です。
また、人によっては自己負担による金銭的な負担が大きくなる可能性が高くなります。


2つめのポイントは、薬剤を使用しない方法についてです。



薬剤を使用する薄毛治療以外にも自毛植毛という治療法がありますが、注意点として植毛限界があるという事です。
自毛植毛は発育に問題がない頭皮と頭髪を利用して植毛したい部分に移植をしますが、薄毛になるスピードが速いほど植毛が追い付かなくなる可能性が高くなります。



また、自毛植毛は最終的な手段として一般的には薬剤の使用からスタートします。移植に使用される部分の切り取りは、ごく小さく少数であれば傷は目立たないというメリットはありますが、回数を重ね切り取り部分が多くなる程傷跡として目立つ可能性が高くなります。


また、自毛植毛は治療にかかる時間も長くなり金額も高額になるため、医師との細かなカウンセリングを重ねてから決断をするようにしましょう。