近頃は病院で薄毛治療を受けられる

category01

年齢を重ねることに髪の毛が薄くなっていくと、かつては遺伝のせいだと諦めていた人がほとんどでしたが、近頃では薄毛治療が病院などの医療機関で受けられることが、TVCMなどで宣伝されて、実際に薄毛治療を受けることを検討している人も増えてきています。

病院などで行われている薄毛治療の内容は、意外なことに内服薬の処方が主な方法になります。髪の毛が薄くなる原因のほとんどが、AGAという男性型脱毛症になります。



年齢を重ねるごとに少しずつ髪の毛が薄くなっていく形で進行しているのであれば、AGAである可能性が非常に高いです。


他の薄毛の原因としては、円形脱毛症などもありますが、AGAと比較すると非常に稀ですし、症状の違いは簡単に見分けがつきます。



ですので、薄毛治療というのは、ほとんどがAGAが発症している原因に対処する方法ということになります。病院で処方される内服薬は、服用することによって、髪の毛が薄くなっている部分の髪の毛の毛穴から分泌される、ある特定の酵素の分泌される量を抑える働きがあります。

この特定の酵素とは、?型5αリダクターゼといい、この酵素は男性ホルモンを、活性男性ホルモンに還元する作用があります。
活性男性ホルモンがたくさん発生してしまうと、その毛穴から生えてくる髪の毛の成長期が短くなり、充分に成長する前に抜けてしまい、髪の毛が薄くなってしまうのです。


そのため、病院で処方される内服薬はAGAの原因に直接対処しているということになります。



予備知識

category02

一昔前なら、薄毛治療は個人差が大きく、結果が出る人と出ない人とで、完全に二分化されていました。しかし、近年では薄毛や抜け毛に対する研究が進み、その原因やメカニズムについて多くのことが明らかにされました。...

subpage

医療コラム

category02

男性の多くは、年齢を重ねる内に前頭部や頭頂部の髪の毛が薄くなり、やがて抜け落ちてしまう症状が現れます。これは男性型脱毛症と呼ばれる症状で、主に男性ホルモンが強く影響します。...

subpage

読めば解る

category03

男性にとって薄毛はとても深刻な症状です。頭髪の毛量が変化すると外見も大幅に変形しますし、対人面などで自分に自信が持てなくなったり、引っ込み思案な性格になってしまうケースも少なくないでしょう。...

subpage

知っておきたい情報

category04

薄毛治療を受けたい場合には、特に知っておかなければならないポイントが2つあります。1つ目のポイントは、薄毛治療は保険適用外になるため、治療薬やカウンセリングなど治療に関わる全ての費用は自己負担となります。...

subpage